5月1日、第24回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開かれ、次の通り決定、報告されました。
第24回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議
(令和2年5月1日(金)開催)報告

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が延長される見込みであることから、第24回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、次のとおり協議した。

【決定事項】
1.新型コロナウイルス感染症に関連して今後想定される対策について、関係者等と調整の上、迅速に理事者協議、方針を決定し、対策本部会議に諮ること。

【報告事項】
1.経済対策等調整部会経済支援分科会において、市独自の経済支援策について具体的な検討を行うとともに、5月中に補正予算案を提出できるよう、同調整部会生活支援分科会と連携しながら検討を進めていく。
2.市の中小企業向け融資相談及び生活困窮に関する相談について、5月3日(日・祝)及び5日(火・祝)に臨時電話窓口を開設する。
3.国の持続化給付金や都の感染拡大防止協力金の申請サポート窓口設置について、武蔵野商工会議所と協議中。
4.特別定額給付金について、マイナンバーカード所持者は国のポータルサイトでのオンライン申請が5月1日(金)から可能になったことを市ホームページで案内し、今後の迅速な給付につなげていく。
5.国が送付を一時停止した妊婦向けの布マスクに代わり、市民の寄付品及び市の備蓄品を活用し、市独自に妊婦の方へマスクを配布することとした。第一弾として、4月に出産予定だった妊婦の方約100人に4月30日(木)にマスクを発送した。
6.令和2年度敬老事業を中止し、ケアリンピック武蔵野2020の開催を延期することとした。
7.東京都緊急対応策に伴う介護サービス事業所等へのマスク配布が実施されることになり、本市へも提供され次第、各事業所等へ配布する。
8.各議員からの情報等を議会において取りまとめたものの第1回分の対応報告及び第2回分の受領について、情報共有した。
9.感染拡大防止のため、市庁舎における和室、休養室の使用を中止するとともに、8階ロビー等に設置しているソファーを当面の期間撤去する。

※ 本対策については、今後の感染症動向の変化に伴い、対策本部において適宜見直す。
24回表
24回裏