6月19日、第33回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開かれました。協議事項、報告事項をお知らせいたします。

第33回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議
(令和2年6月19日(金)開催)報告

第33回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、次のとおり協議した。

【報告事項】
1、特別定額給付金について
特別定額給付金は、6月18日(木)時点で、約68,000件の申請を受理、同日までに約53,200件を給付した。その後、23日(火)に約9,000件の給付を予定しており、26日(金)までに合計約66,000件、対象世帯の8割強の給付を完了する予定である。

2、武蔵野市感染拡大防止中小企業者等緊急支援金について
市感染拡大防止中小企業者等緊急支援金は、6月18日(木)時点で、約1,200件の申請を受理、同日までに900件を超える支給決定を行った。引き続き毎週金曜日に給付を行っていく。
なお、6月中に周知チラシを全戸配布するとともに、関係機関や各課が協力して制度の案内を徹底する。

3、クラウドファンディング「エール!むさしの」について
武蔵野商工会議所が実施している飲食店応援クラウドファンディング「エール!むさしの」は、目標額1,000万円に対して、現時点で1,000名以上の方から1,500万円を超える支援をいただいている。

4、保育施設及び学童クラブの登園・登所自粛要請の解除について
市内保育施設(認可保育所、地域型保育施設)及び学童クラブについて、登園・登所自粛要請期間を6月30日(火)までとし、7月1日(水)からは通常保育・育成を行う。

5、ひとり親家庭等支援事業について
ひとり親家庭等の生活の安定を図るため、都が実施する食料品等を配送する事業(東京都食料品等カタログギフト配布事業)について、市は対象者へのカタログ送付等の事務を行う。

6、高等学校等修学給付金の対象世帯の臨時的拡大について
東京都奨学給付金の支給対象とならない一定所得以下の世帯を対象として、市が独自で支給している高等学校等修学給付金について、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、基準所得以下となった世帯についても、今年度は対象として給付する。
高校生のいる世帯にはがきを郵送して案内し、7月1日(水)から9月15日(火)までの間、申請を受け付ける。

7、市政資料コーナーの一部再開について
庁舎西棟7階の市政資料コーナーについて、机・椅子の利用制限等の感染防止対策を実施したうえで、6月15日(月)から書架部分の閲覧に限定して再開した。

8、コミュニティセンターの開館予定について
コミュニティセンターの開館予定日は、原則として7月6日(月)とする。ただし、5日(日)の都知事選挙の投票所となるコミセン及び月曜休館のコミセンは、7日(火)から開館とする(投票所となるコミセンのうち吉祥寺南町コミセンのみは6日(月)から開館)。利用条件等の詳細については、次回対策本部会議にて報告する。

9、武蔵野プレイスと市立図書館の段階的サービス再開について
武蔵野プレイスのワーキングデスク、スタディコーナー、ワークラウンジと、市立図書館の閲覧席、学習室(席)について、各施設の特性に応じた感染防止対策を実施したうえで、7月2日(木)から利用を再開する。

10、公園内親水施設のオープンについて
公園内の親水施設(じゃぶじゃぶ池)〔中道公園、関前公園、吉祥寺東町ふれあい公園〕について、オープン期間中の消毒、安全点検等を実施したうえで、7月17日(金)から9月13日(日)までオープンする。

11、三鷹駅北口喫煙所の利用開始について
利用開始を延期していた三鷹駅北口喫煙所について、利用定員を定員の5割の6名としたうえで、7月1日(水)から利用を開始する。

12、むさしの環境フェスタのオンライン開催について
11月に開催を予定していたむさしの環境フェスタについて、今年度は屋外会場等を設けないインターネット上のオンラインイベントとして、11月8日(日)から12月31日(木)の予定で実施する。

※本対策については、今後の感染症動向の変化に伴い、対策本部において適宜見直す。
以上
第33回表
第33回裏