7月28日、第37回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開かれましたので、報告事項をお知らせいたします。

第 37 回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議
(令和2年7月 28 日(火)開催) 報告

○「武蔵野市内における感染者発生時の公表の考え方(第2版)」(4月2日改定)につ いて、依然感染が拡大している現状を踏まえ、市内における感染拡大防止と市民の安 全・安心な生活を維持するため、見直しを行う。内容については、国や東京都の動向 を注視しながら引き続き協議していく。

【報告事項】
1 中学校修学旅行及び小学校移動教室の中止について
現下の感染状況から、今後においても長期的に感染の状況が継続されると見込ま れること、及び宿泊行事実施の可否が定まらず長期にわたり不安定な状況の中で教 育活動を行うことの影響を鑑み、令和2年度に実施を予定している中学校修学旅行 及び小学校移動教室の宿泊行事を中止する。
2 武蔵野市PCR検査センターの検査枠拡大について
武蔵野市PCR検査センター〔5月 21 日開設〕について、7月 20 日(月)から1 日あたりの最大検査枠を 10 件から 15 件に拡大した。また、唾液PCR検査を6日 (月)から開始している。
3 水道料金・下水道使用料の支払い猶予期間の延長について
支払い困難者に対する水道料金・下水道使用料について、支払い猶予の期間を現在 の最長4か月間までから、最長1年間までに期間を延長する。新規申し出の受付期間 は、令和2年9月 30 日(水)受付分までとする。既に申し出済みの使用者に対して は、当初の申し出の日から最長1年間まで支払いを猶予する。
4 武蔵野市感染拡大防止中小企業者等緊急支援金について
武蔵野市感染拡大防止中小企業者等緊急支援金は、7月 22 日(水)までに 1,534 件の支給決定を行った。31 日(金)の振込分を含め、これまでの合計で3億 8,745 万 円の給付となる。
5 武蔵野市飲食店テイクアウト・デリバリー事業補助について
武蔵野市飲食店テイクアウト・デリバリー事業補助は、7月 27 日(月)までの申 請件数は 45 件であった。
6 コミュニティセンターの利用条件の緩和について
コミュニティセンターの利用条件について、原則として8月 16 日(日)から、会 議室等で着席にて行える活動に加え、非接触型の軽い運動など、感染の恐れが少ない 活動の利用を認める。ただし、ロビーなどフリースペースの利用制限は継続する(原 則として短時間の休憩のみ利用可)。9月 16 日(水)以降の利用条件等については、 コミュニティ研究連絡会等で引き続き協議を進める。
7 地域子ども館あそべえの運営について
1教室開放について、学年単位での利用を変更し、8月1日(土)から全学年を利用 対象とする。
2放課後校庭開放について、引き続き全学年を対象として実施する。 3早朝校庭開放について、2学期から再開予定とする。 4図書室開放について、当面の間中止する。
8 社会活動センター各種講座の再開について
社会活動センター(高齢者総合センター)各種講座について、参加者のグループ分 けによる人数制限などの感染防止策を十分に講じたうえで、8月 14 日(金)から段 階的に再開する。なお、歌唱などのプログラムについては、感染リスクが高いため、 当面の間実施しない。
9 介護サービス事業所への感染予防物品の配布について
東京都から介護サービス事業所向けの介護用エプロン(105,500 枚)、介護用手袋 (105,500 双)及びゴーグル(3,515 個)の配布が8月末と 10 月末に実施されること となった。当該物品については、本市へ提供され次第、各事業所へ配布する。
10 職員等の感染が疑われる場合の対応について
市職員に、発熱・身体のだるさ等の風邪症状がみられる場合は、感染拡大の防止と 業務継続のため、速やかに医療機関の受診及び医師の判断に従い療養するよう周知す る。職員・同居家族等に感染症の疑いがあると判断された場合等の職員の勤務の取扱 いについても、再度周知する。
※ 本対策については、今後の感染症動向の変化に伴い、対策本部において適宜見直す。
37-1
37-2